Almamusica

INTERVIEW
インタビュー

城妃美伶さん タンゴ、そしてこれからのこと その1

*

高橋(以下 T)城妃さん、お帰りなさい。そしてお疲れさまでした。
アルゼンチンにはどれくらい滞在されたの?

城妃(以下 S)ちょうど1か月くらいです。退団してからほぼ3か月たつんですがその半分以上は海外で過ごしました。ブエノスアイレスに着いた時、2年前からタンゴに恋して恋して「ああ、ついに来たか!」という気持ちでした。そして私の人生が変わるほどの衝撃を受けたんです。

T あなたはタンゴに惹かれてブエノスアイレスにはるばる行かれたわけなんですが、あなたとお会いしたとき、そのタンゴの知識と熱量に本当に驚きました。若い方でここまで勉強してる方がいるんだなと。今日は、まず、タンゴとの出会い、そのあたりからお話し聞かせていただけますか?

S 私ちょうど2年前に、『Senhor CRUZEIRO(セニョール クルゼイロ)!』—南十字に愛された男—という公演がありまして、水美舞斗さんが主演の作品だったんですが、この作品との出会いが本格的にタンゴと出会ったなれそめです。元々、宝塚ではタンゴのダンスのシーンがさまざまな作品で使われていますよね。私はペアダンス、デュエットダンスが昔から好きでしたし、憧れてもいました。先生から「次回のセニョール クルゼイロにはタンゴのシーンがあるんだよ」とお聞きして、「ぜひ入れてください」とお願いしたんです。「ポーの一族」東京公演中、本番が終わるとその足で、タンゴのプライベートレッスンに通い始めました。

T あなたは何歳からダンスを始めたの?

S 4歳からクラシックバレエを始めました。そのあとも宝塚でいろんなジャンルのダンス、舞踊を経験していたんですが、初めてタンゴスタジオに足を踏み入れた時、その世界観、音楽、ダンス、全てに衝撃を受けたんです。その晩は興奮して眠れないほどでした。惹き込まれて惹き込まれて・・そして実際のレッスンの時に、最初まったくフロアをステップを踏むどころか、歩くことすらできなかったんです。なぜ、私にできないんだろう?歩くだけでこんなに難しい。どんどんその難しさ、奥深さに惹かれていったわけなんです。そうして無事公演が終わりました。でも自分の中でタンゴの炎が燃えさかってしまい、この音楽の魅力、魔力から今も抜け出せそうもないのです。今の自分は水深で言うと2mくらい。海のように大きくて深いタンゴの世界をもっと知りたくて、ブエノスアイレスに向かったのです。

(その2へ続く)